制作者:国本静三 

音楽サロン表紙 目次 古典派目次 作曲者別作品表 時代別作品表



ソナタ形式



<ソナタについて>


 ソナタsonata
伊語は、sonatasonare伊語(動詞=弾くの意で過去分詞形⇒名詞形から生じたイタリア語。広義にいえば器楽曲の意をもつ。時代をもう少しさかのぼれば、ルネサンス(1400-1600)にすでに用語としては器楽曲を指すソナタsonataカンツォーナcanzona伊語という語があった。また17世紀初め(バロック初期)にはカンツォーナcanzonaから発達した3声部=トリオtrioをもつ器楽曲トリオ・ソナタtrio sonata伊語が現れた。具体的には2つの独奏楽器部と伴奏部を受けもつ通奏低音によっている。通奏低音部は複数の楽器奏者によって演奏される。それは低音楽器と和音演奏が可能な鍵盤楽器によることが多い。鍵盤楽器の代わりに撥弦楽器のリュート族が用いられることもあった。

 バロック末期の1700年ころからトリオ・ソナタtrio sonata伊語は、
室内ソナタsonata da camera伊語教会ソナタsonata da chiesa伊語という2つの楽曲形態に発達し、特に後者の教会ソナタが主要な室内楽作品分野となっていく。室内ソナタと教会ソナタは、元来演奏場所によって区別された概念と捉えてよいものである。前者は宮廷や個人のサロンで、後者は教会の典礼の中で演奏されたものであった。そして前者は17世紀後期から18世紀前期の多楽章器楽形式の楽曲となった。コレッリCorelliイタリア(1653-1713)によって確立され、前奏曲と2、3の舞曲で構成され、一種の組曲形式をとった。組曲であるパルティータをソナタとも呼ぶこともあり、これを室内ソナタであると捉えても妥当であろう。教会ソナタもコレッリによって確立され、緩-急-緩-急の4楽章形式という定まった形を有している。


 例えば次にあげるバッハのソナタsonata作品例みると、「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番BWV1001、第3番BWV1003、第5番BWV1005」、「ヴァイオリンとクラヴィアのためのソナタ第1番〜第6番BWV1014-1019」、「ヴィオラ・ダ・ガンバとクラヴィアのためのソナタ第1番〜第3番BWV1027-1029」
(第1番=緩-緩の2楽章構成、他は急-緩-急の3楽章形式)、「フルートとクラヴィアのためのソナタ第1番〜第3番BWV1030-1032」、「フルートと通奏低音のためのソナタ第1番〜第3番BWV1033-1035」などがある。上記のソナタは、ヴィオラ・ダ・ガンバのソナタ以外は緩急緩急の4楽章形式つまり教会ソナタの楽曲形態を取っている。
 また上記の無伴奏ヴァイオリン・ソナタ3曲とともに組まれている「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番BWV1002、第4番BWV1004、第6番BWV1006」は厳密いえば舞曲で組まれた組曲である。

 ヘンデルでは「ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ」[イ長調Op.1-10、HWV.372、ト短調Op.1-6、HWV.364a、ニ長調Op.1-13、HWV371、イ長調Op.1-3、HWV.361、ニ短調HWV359a、ト長調HWV.358、ヘ長調Op.1-12、HWV.370]は典型的な教会ソナタの楽曲形態をとっている。

 以上はバロック(1600-1750)期のソナタsonata伊語である。古典派(1750-1820)、ロマン派(1820-1900)、20世紀に至るまでソナタという概念は用いられている。しかしその内容は、まことに広範なものとなっていく。21世紀なっても否定的には扱われない楽曲概念である。
ロマン派からは3楽章構成が多くなっていく。


<ソナタ形式>

 
古典派時代ではバロック音楽の主流的様式であ
った多声的音楽polyphonic
は姿を消し、古典派音楽の様式は、和声音楽homophony様式となった。バロックの複雑さから単純さへの転換ともいえるだろう。声部の数に制約されず、音の垂直の次元に重点が置かれた様式の音楽である。和音の連結によって有機的な音楽構成を可能にし、ソナタ形式やロンド形式を生み出し、和声法と結び合った新しい表現書法として生まれたのがソナタ形式やロンド形式である。

 さて
ソナタ形式forma di sonata伊語、Sonatenform独語、sonata form英語は、古典派の時代に成立し発展した楽曲形式である。その創始者はハイドンといわれたこともあるが、ソナタ形式初期から発展期の重要な貢献者とするのが適正であろう。多くはソナタsonata伊語において楽章の中で用いられた。その場合1つの楽章から全楽章でも用いることもあり得る。ソナタであるから必ず用いられているわけでもない。またソナタ形式が用いられているからソナタというということではさらさらない。現在に至るまで大曲の構成に大きな貢献を果てしてきた形式なのである。ソナタsonata伊語もその大曲の一つである。

 ソナタ形式の原点は、バロックで確立された音組織である調性tonalityである。調性は古典派(1750-1820)に入って大きな飛躍を遂げていく。調性はこの時代の豊かな表現様式に寄与するものとなり、この時代の作曲家たちほど調性論理を享受したことはないであろう。数々の音楽形態を支えていく調性原理に基づくソナタ形式は生まれた。ロンド形式もそうした例である。均斉ある楽曲形式として、論理的な構成原理として発展していく。特にソナタ形式によって独奏ソナタ二重奏ソナタをはじめピアノ三重奏曲弦楽五重奏・四重奏曲、交響曲協奏曲、また各種管弦楽曲序曲前奏曲などにも用いられた。この構築的な構成は圧巻の効果を発揮し、究極の古典派理念に合致する形式となった。





<ソナタ形式の構成>


 ソナタ形式
の必須部分は、呈示部展開部再現部の3つである。


呈示部 

 
展開部    再現部 

第1主題  経過句 第2主題  ★第1主題や第2主題がいじられる場合もあるし、全く新しい素材が登場することもある。 経過句 第1主題  経過句
第2主題 
主調   ⇒  属調平行調  ★主題による。あるいは展開する素材による。  主調  

 上記は調性音楽上での基本的なソナタ形式の説明である。無調性化へ向かう、あるいは無調性下での音楽となってもソナタ形式の構成原理をかなり柔軟に、その作曲者独特の構成感で、作曲者の思いに従って自由自在に展開されることもある。

  <序>:いきなり呈示部・第1主題が登場すると、序の部分はない。古典派初期の作品でも無い場合もある場合もある。その楽曲の規模を示すものでもない。ソナタ形式の必須部分ではない。

 [呈示部]:ソナタ形式必須部分である。第1主題と第2主題が並ぶ。
  「第1主題」=基本的には主調
   <経過句>=省略されることもある句。第2主題へ移す役割を果たす。
  「第2主題」=5度上の調に転調した主題 
  
  第1主題と第2主題の調は、古典派後期、ロマン派とそれ以後はかなり自由なものとなっていく。

  <小結尾>これは再現部終わり部分、その楽章あるいはソナタ形式での楽曲の結尾coda部分に対して用いた語である。小結尾といってもかなり長い場合もあるし、そうでないこともある。広い意味で展開部への橋渡しをする箇所である。

 [展開部]:ソナタ形式での技量が最大に発揮される部分である。といってさりげなくとりとめもなくが最高の効果を生むこともある。要は呈示部での内容やその楽章をまとめる作曲者の意図にもよるので一概にいえない。全く新しい音素材でまとめられることもあるからである。規模が大きくても長くても曲全体の構成に関わった問題でもあるので一概にはいい切れない。また第1主題、あるいは第2主題を、あるいはその両方を展開されることもあるし、序部分や小結尾を発展させ、展開することもある。

 [再現部]:
  
「第1主題」=呈示部と同じ調になるが、殆ど呈示部の第1主題全く同じの場合もあるが、常にそうではない。
  
「第2主題」=は呈示部とは異なり、第1主題と同じ調が選ばれるのが基本であるが、同主調が選ばれることもある。
   短調の第2主題を長調に転じたり、長調の第2主題を単調にしたりすることもある。
 

  
<終結尾>開始部分の序とは異なり、楽曲の結びとして長短の差はあるものの必ず登場する。これもかなり長大なものもあれば、そうでないものがある。人によっては長大な結尾を第3主題と分析する人いるが、どんなに長くても第三主題とは捉えるのは正しくないと思う者である。延々と続いても結尾部分であることに違いないのである。



<ソナタ形式の作品例>


モーツァルトMozartオーストリア(1756-91)
 「アイネ・クラオネ・ナハト・ムジークEine kleine Nachtmusik(セレナード) ト長調K.525」より第1楽章

呈示部 

尾 
展開部    再現部 

第1主題  経過句 第2主題  第1主題前半部分と第2主題後半部分を用いる 経過句 第1主題  経過句 第2主題 
ト長調 ⇒  ニ長調  ハ長調          ⇒ト長調

 


 古典派(1750-1820)やロマン派(1820-1900)で作例を探せば枚挙の暇が無いという外ないだろう。そこで20世紀の無調的な音楽に傾いた作品をあげてみる。

ラヴェルRavel
フランス(1875-1937) 
 
ピアノ曲「水の戯れ」

 ラヴェルRavelフランス(1875-1937は、パリ音楽院在学中だった1901年26歳の時作曲し、14年在籍した音楽院での師フォーレに献呈した作品。音楽院で勉強中ということもあるが、「水の戯れ」には伝統的な作曲書法が伺える。しかし、調性の音楽ではなくラヴェルの独特の音で組み立てられている。曲構成の骨組みとしてソナタ形式を想定し、構成している。ラヴェルはやや調性的あったり、調性を除外した新しく自由に組み立てた。2つの主題を中心に組み立てるソナタ形式に目を向け、自分で作り出した音組織、つまり調性を打破した不協和音や2つ以上の調を同時に響かせる復調も取り入れている。それらを和音にすると濁った音になるが、和声音群を、つまり“ハープのように”を意味するアルペジオ(分散和音)にして連結させ、濁りを回避した。16分音符や32音符で統一感をもたせてもいる。ソナタ形式の2つの主題を使うが、アルペジオ音群の中に包み込んでいる。アルペジオは、撥弦楽器や鍵盤楽器の極意を示す典雅な奏法の一つでもあり、この曲を特徴づけている。



★ 古典派の音楽


2019-

音楽サロン表紙 目次 古典派目次 作曲者別作品表 時代別作品表